「漢方水炊き」には鶏の旨みと漢方がしっかり溶けこんでいます - 韓国各地の食の旅!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「漢方水炊き」には鶏の旨みと漢方がしっかり溶けこんでいます

亀尾(クミ)の郷土料理
「漢方水炊き(ハンバンペッスッ)」


鶏肉と、高麗人参などの漢方を一緒にして
水炊きする料理なので、
味のイメージとしては、
參鶏湯(サムゲタン)を想像してみてね。

但し、參鶏湯のように鶏のお腹に
モチ米などを入れない料理なので、
ペッスッの方が、その味は、よりすっきりしたものに仕上がり、

たとえば、
參鶏湯では少々胃もたれをするという人などは、
こちらのペッスッの方が食べやすいでしょう。


丸ごとの鶏肉とニンニク、漢方類を一緒にして
じっくり煮込んで作られる漢方水炊き。


漢方は、高麗人参ナツメ、栗など定番のものの他に、
黄耆(おうぎ)、センノキ(ハイギリ)、
当帰(とうき)、山査子(さんざし)なども入り、
その他にもお店によってさまざまな生薬を入れて
漢方水炊きが作られる。

じっくり煮込まれて、
そして目の前にやってきた漢方水炊きを

さあ、皆で取り分けて食べましょう!!

箸を入れれば
鶏肉は骨からすっすっと身がはずれ、

目の前でトロリと変化している
その身を口に入れると、

そのとろける食感と
おいしさ
はたまらない!!!

鶏の旨みとともに、漢方の効能がぎゅっと
つまったスープ
もしっかり食べなきゃね!

スープまで食べると
かなりのボリュームになるけれど、
それでも止められない! 

鶏肉の脂もおさえられているし、
漢方類と一緒に煮込むことで香り立つ
生薬の香りは、
薬膳料理の気分!!

どんどん口に入り、
きっと完食してしまうことでしょう!


でもね! 
気をつけてね! 

・・・実はこれで終わりではないのです!!

続いてお粥が出てくるよ!
関連記事
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 韓国各地の食の旅! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。