「生居鎭川花郎御膳」の歴史は、まだ浅いですが・・・ - 韓国各地の食の旅!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「生居鎭川花郎御膳」の歴史は、まだ浅いですが・・・

忠清北道鎭川(ジンチョン)郡の郷土料理
「生居鎭川(センゴジンチョン)花郎御膳(ファランパプサン)」

先にも述べたとおり「生居鎭川花郎御膳」は、
生居鎭川米と一緒におかずを楽しむメニューとして考案されたものなので、
その歴史はとても浅く、
まだ十年ほどにしかならない。


「生居鎭川」を自負する郷土の食として、
忠清大学産学協力団との研究によって
地元をあげて開発されたのがこのメニューで、

このとおり歴史が浅いかわりに、
昔からの味と現代風の味
一度に楽しめる魅力がある。

研究の成果はマニュアル化されていて、
生居鎭川米のもっともおいしい石釜での炊き方に始まり、
各季節にあったあらゆるジャンルのおかずや、
他地域にはない料理の開発をも目指した結果として、
160種を超えるおかずが「生居鎭川花郎御膳」の
料理としてあげられている。


基本コースで24種からと、
うれしい数の料理を味わえることのできる「生居鎭川花郎御膳」。

私たちは、
おいしいご飯と
それぞれの季節の味を、
そのまま堪能するだけ!!


生居鎭川米のおいしさと、ぴったりあうおかず料理を、
地域のどこででも間違いなく提供できることで
「生居鎭川」へのブランド力を高める・・・

実は「生居鎭川花郎御膳」は、
歴史は浅くとも、
そんな大きな役目を担っている
郷土料理
でもあるのです!

関連記事
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 韓国各地の食の旅! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。