「生居鎭川花郎御膳」9楪・12楪をご紹介します - 韓国各地の食の旅!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「生居鎭川花郎御膳」9楪・12楪をご紹介します

忠清北道鎭川(ジンチョン)郡の郷土料理
「生居鎭川(センゴジンチョン)花郎御膳(ファランパプサン)」

9楪(チョプ)として決められている料理には、
モヤシの五色和え、ヒレ肉野菜巻き、海鮮冷菜など、
それぞれの料理に彩りが見られ、
また、基本料理のサバの塩焼きは、
グチの塩焼きにかわって提供される。

12楪は、魚の塩焼きがタチウオになり、
肉、魚のバリエーションに富んだ料理がふんだんで、
牛肉チーズ焼きや、生肉野菜サラダ、蒸し肉、
フナ煮付け、エビフライなど、
これら30種以上の料理がずらっとテーブルに並び、
とてもカラフルで壮観です。


ところで、
12楪の一品料理として提供される“フナ煮付け”も、
ここ鎭川郡の名物郷土料理。

鎭川郡には、草坪湖(チョピョンホ)という
周囲が30km程にもなる大きな貯水池があり、
多様な淡水魚が生息していている。

そこで獲られるフナを煮付けた料理は、
鎭川郡を訪れたならば食べておきたいメニューの一つに
必ずあげられるほど。

「生居鎭川花郎御膳」12楪には、
この料理も含まれるので一石二鳥!

ずらっと並んだ皿の一つとして忘れてしまわないで、
そんな地元の珍しい味であることを
ちょっと気にかけて
味わってみてくださいね。
関連記事
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 韓国各地の食の旅! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。