ハス池は、景勝地「上林公園」にあります - 韓国各地の食の旅!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハス池は、景勝地「上林公園」にあります

慶尚南道咸陽(ハミャン)郡
ハスの栽培がおこなわれているのは、
咸陽邑の「上林(サンリム)公園(コンウォン)」

上林は、この土地を流れる渭川(ウィチョン)の氾濫に
備えるために作られた人工林で、
人工林としては韓国で最も古く、
統一新羅時代に造成された歴史的な価値をもつ護岸林。

当時はもっと広大な大館林という名前の林だったが、
その後の大洪水で林の中央部分が消滅し、
上林と下林に分かれてしまい、今に至る。
(下林はその後消滅し、また新しく造成された。)

この渭川の流れにそって延びる1.6km、6万坪もの
上林を中心とした上林公園は、
その広大な自然の中、四季折々の景色を楽しめ、
今の時期は、紅葉の絶景地として人気が高い。


そして、ここにある「ハス団地」には、
約2万坪の面積にハス池が美しく造成され、
白蓮、赤蓮を始め、スイレンなども栽培され、
開花期にはみごとな花を咲かせている。


ここで栽培するハスの葉を使って
蓮葉飯が作られるのだけれど、
この葉を長期保存するのは難しいらしく、
一年を通じて蓮葉飯に出会えることに感謝です!!!


咸陽郡はもう一つ、
「水車の郷」の名前ももつ。

朝鮮で最初に水車を設置、稼働、
そして最後まで実用していたのが
ここ咸陽郡の土地だそうで、

安義面新安里にある「燕岩水車公園」
その歴史が留められている。


その他にも咸陽郡には、
儒学を学ぶさまざまな学習拠点などの遺跡もあり、
まるで歴史ドラマの世界のような景色を
あちこちで見ることができる。

続いては、そんな遺跡を少しご紹介しましょう。
関連記事
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 韓国各地の食の旅! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。