「石焼ビビンバ」と、全州ビビンバの歴史 - 韓国各地の食の旅!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「石焼ビビンバ」と、全州ビビンバの歴史

韓国を代表する食、
全州市の郷土料理「全州ビビンバ」

ところで、
全州(ジョンジュ)ビビンバに添えられる汁物にも、
決まりがあります。

それは、なんでしょうか?

・・・ そう、ここにも‘豆もやし’!

“全州ビビンバ+豆もやしスープ”はセットです!

豆もやしスープのあっさりした味が、
ビビンバのおいしさをぐんと引き立ててくれ、
また口当たりもよいので、
この豆もやしスープもなかなかの名脇役です!


さて、全州ビビンバの一種にあげられる石焼ビビンバ」。
正式名は「石釜(トルソッ)ビビンバ」となる。

「トルソッビビンバ」は、全州ビビンバを提供する
あるお店で開発された創作メニューで、
このメニューの登場は1960年代頃と、
オリジナルの全州ビビンバに比べ、その歴史は浅い。

熱した石釜に全州ビビンバを入れて
提供されるこのスタイルは、

目の前でご飯や具材が焦げるジュージューする音や、
またビビンすると香ばしさがいっそう漂い、
食欲がどんどん刺激される。


歴史は浅くとも、今では広く認知され、
「トルソッビビンバ」も
一つの代表メニューになりましたね。


古くは宮中料理にルーツをもつとされ、
五色五味が具現された「全州ビビンバ」

なんとなく歴史の重みを感じますが、
正しくはその頃から今に続く継承料理ではありません。
・・・そうですよね・・・宮中料理なのだから・・・。

全州ビビンバは家庭料理ではなく、
後に外食用メニューとして作られたものですが、
そこにこの古い歴史や慣習が使われた点では、
さすがに歴史の土地・全州というべき気がします。

都に準ずる発展を遂げてきた全州ならでこそ、
その郷土料理「全州ビビンバ」には
自然と歴史の深みが
含まれたのかもしれませんね。
関連記事
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 韓国各地の食の旅! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。