韓国式ソーセージ「スンデ」とは・・・ - 韓国各地の食の旅!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国式ソーセージ「スンデ」とは・・・

忠清南道天安(チョンアン)市の郷土料理
「竝川(ピョンチョン)スンデ」

さて、「スンデ」をもう少し詳しく説明しましょう。

ご存知のとおり、ソーセージは、
羊や豚などの腸に挽き肉などを詰めて燻製にしたもの。

一方で、スンデは、その製法はソーセージと同じだけれど、
中身には肉よりは野菜、
地域によっては米などを入れて腸詰めにしたものです。


なので、先に‘韓国式ソーセージ’と表現したけれど、
ソーセージと思って口にするとまったく違う味なので、ご注意を!

・・・スンデに好き嫌いがわかれるのは、
こんなところにも理由があるのではないかなぁ・・・


ソーセージには、
ドイツをはじめ主にヨーローッパの各地にさまざまな種類があり、
特にドイツのソーセージの種類は多様で、
その中身や作り方もいろいろですよね。
そんなドイツソーセージの一種にもある製法なのですが、
「スンデ」にはもう一つ大切な中身の要素がある。

それは・・・ 
実は・・・・・・
   「豚の血」が入るのです。


話だけではちょっと敬遠したくなったかもしれないけれど、

でもね! 
豚を解体した時、そのすべての恩恵を残さずにきちんと食そうと
できた食が「スンデ」なのです。
血はすぐに固まってしまうので、
スンデは解体と同時に作られる鮮度が大切な食でもあり、
そういう点ではなかなか
貴重なメニューでもあると思います。


各地いろいろあるスンデの中でも、
「竝川スンデ」は春雨と野菜がメインで臭みが少ないので、
おそらくいちばん食しやすいスンデだと個人的には思う。

天安市の郷土料理「竝川(ピョンチョン)スンデ」

こんな知識が先になっちゃうと、
さらにスンデデビューは遠のいてしまうかもしれないけれど、
第一歩は「竝川スンデ」をトライしてみるのは
いかがでしょうか?
関連記事
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 韓国各地の食の旅! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。