「辛い」に理由がある陰城郡の郷土料理 - 韓国各地の食の旅!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「辛い」に理由がある陰城郡の郷土料理

陰城(ウンソン)郡の郷土料理
「辛いオリステーキ」
に出会えるのは、
半島中央を南北に走る中部高速道路の下り線
「陰城休憩所」

さて、
ここで注文した「辛いオリステーキ」は、
簡単な野菜サラダ等と共に一枚の皿にのった、
洋風スタイルの料理!

そして中央に位置するのが、
特製ソースのかかった小判型の平たいハンバーグで、
これがオリ肉と野菜で作られているのです!


野菜には高麗人参等も入れて
肉の臭みをなくしているそうで、
口にすれば、そのおいしさが・・・  

うん!?・・・でも辛い!!!

どうして辛い味なのでしょうか?

韓国料理は辛いのが定番だから?  
・・・いえいえ、
唐辛子が入るのには、理由があるのです!


実は、ここ陰城(ウンソン)郡は、
唐辛子の一大産地!

「チョンギョル(清潔)コチュ(唐辛子)」という
有名ブランドも持っている土地柄なのです。


陰城郡は、豊富な水源とたっぷりの太陽の光や
昼夜の気温差など豊かな土壌に恵まれた地域で、
さまざまな農産物の栽培に適した条件をもつ。

その中でも唐辛子は、
真っ赤な色がひときわ映えた、
辛さも、香りもよい
一級品が産出されるため、
全国にその名前と品質が知られている。


そんな土地の郷土料理なので・・・

そう! 
当然に唐辛子が入るのです!

ハンバーグだねを作る際、
唐辛子を一緒に入れて作られる。


ちなみに、オリ(アヒル)も
ここ陰城郡には多くの飼育農場があり、

そんな陰城郡の特産品が出会ったメニュー
「辛いオリステーキ」です。

陰城郡の郷土料理「辛いオリステーキ」

高速道路上なので、
わざわざ立ち寄る計画をたてないとならないけれど、

観光のついでなど、
もし中部高速道路を利用する機会があれば、

運転手さんにリクエストして、
ぜひ立ち寄ってみてくださいね!
関連記事
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 韓国各地の食の旅! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。