陰城(ウンソン)郡へはソウルから2時間足らず - 韓国各地の食の旅!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰城(ウンソン)郡へはソウルから2時間足らず

忠清北道陰城郡へは、
ソウルからバスを利用すれば、
2時間足らずで到着する。

東ソウルや南部ターミナルなど
複数のバスタ-ミナルから市外バスが
運行されているので便利です。


豊富な水源に恵まれた陰城(ウンソン)郡には、
多くの貯水池があり、
深い翡翠色の表面が美しい広大な水がめと、
周囲の木々が織りなす景色は、
四季折々に絶景を楽しませてくれる!!

「金石(クムソッ)貯水池(チョスジ)」
「無極(ムグッ)貯水池」
「龍渓(ヨンゲ)貯水池」
の三つは、

「三兄弟(サムヒョンジェ)貯水池」とも呼ばれ、

近くにあって、三つが貫通しているため水量が同一で、
ここをめぐるドライブコースは
特に景色が美しい自慢の一所。

ドライブの途中で
「金石貯水池」にある展望台へも立ち寄り、
ここからの眺めも楽しんでくださいね!


話のタネには、
笙極面にある「大岩顔彫刻公園」はいかがでしょう。

大岩=クンパウィ、顔=オルグル、彫刻=チョガッ、公園=コンウォン
「大岩彫刻公園」(クンパウィ・オルグルチョガッコンウォン)

個人の構想によって作られた施設だけれど、
世界180余ケ国の発明家や科学者、宗教家、大統領など
世界に名前の知られた偉人・賢人などの
彫刻胸像などをメインに
約3000点もの展示物が屋外展示されている彫刻公園。

ただし、胸像だけでなく、
あくまでも個人の構想で展開された展示物たちには、
理解不能な部分もあちこち見受けられますが・・・
・・・まあそれも一興でしょうか(笑)


陰城(ウンソン)郡は、
現国連事務総長の
藩基文(バン・ギムン)氏の出身地でもあり、
その生家村も最近の観光スポットの一つにもなっていることも
つけ加えておきますね。


そうそう!
忠清北道陰城郡の郷土料理「辛いオリステーキ」は、
こんな旅の途中で、忘れずに食べてみてくださいね!
関連記事
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 韓国各地の食の旅! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。