「玉泉(オクチョン)冷麺」のお話しをしましょう - 韓国各地の食の旅!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「玉泉(オクチョン)冷麺」のお話しをしましょう

地理的にはソウルや仁川も属する京畿道。
楊平(ヤンピョン)郡は、
その京畿道の東部に位置する郡で、

ここの郷土料理は
「玉泉(オクチョン)冷麺(ネンミョン)」です。

楊平郡玉泉面を拠点に、
特徴のある冷麺専門店がその歴史を今に作ってきたため、
こう呼ばれている。


実は「玉泉冷麺」と呼ばれる冷麺の起源は
“黄海道式冷麺”と言われるもので、
地図が手元にあれば、
どうぞ朝鮮半島で“黄海道”(南北)を探してみてほしい・・・

実は “黄海道”は京畿道の北に位置する、
現在は北朝鮮に属する土地なのです。

その場所でずっと愛され続けてきた
地元の味が“黄海道式冷麺”で、

その味を懐かしみ、
再現して食べられている
のが
ここ玉泉面で育った「玉泉冷麺」に至っています。


楊平(ヤンピョン)郡の郷土料理
「玉泉(オクチョン)冷麺(ネンミョン)」


一般的によく見られる平壌式冷麺に比べ、
麺が太くてコシがあり、

また、スープにも違いがあります。

麺の主張が強い分、
「これぞ冷麺!」という味ごたえ(?)

なかなか病みつきになる人もいるとか・・・。


それでは、
楊平郡の郷土料理「玉泉冷麺」の
お話を始めましょう!
関連記事
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 韓国各地の食の旅! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。