続いてはタレ焼きの「あなご(プンジャンオ)焼き(クイ)」を! - 韓国各地の食の旅!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続いてはタレ焼きの「あなご(プンジャンオ)焼き(クイ)」を!

続いては「タレ焼き」も口にしてみましょう。

タレの味はお店によってまちまちだけれど、
コチュジャンベースのピリ辛タレを
つけて焼くタイプが一般的かな。

まずは素のままあなごに火を通し、
はさみでカットした身を、
コチュジャンベースのタレにたっぷりとくぐらせて、

もう一度網の上へのせて、
さらに焼いていく・・・。

火の上にタレが落ちて焦げる匂い・・・・

また唐辛子の香りもどんどんと強くなり・・・

あなごの身にも焦げ目がつきはじめ・・・

目の前でタレの色が変化していくあなごの姿に、
食欲はどんどん最高潮に!!!

暑い夏には、さらにこの辛い香りがたまらない!

こんがり焼けたら完成です!

さあ、食べましょう!

そう!もちろん! こちらも
「美味しい~!!!!」の声ばかり!

サンチュやえごまの葉で巻いて食べれば、
辛さがおさえられるので、
辛いもの苦手な人も、
ぜひチャレンジしてみてくださいね!

高興(コフン)郡の郷土料理
「あなご(プンジャンオ)焼き(クイ)」

「白焼き」に「タレ焼き」、
そしてこれらをいろいろなバリエーションにして食べれば

あなご一点なのに、大盛り上がり!

おすすめの食べ方をお互いに発見しながら、
楽しい食事の時間が過ぎていきます。
関連記事
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 韓国各地の食の旅! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。