黒ブタ焼きと共に楽しむ小皿料理たち - 韓国各地の食の旅!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒ブタ焼きと共に楽しむ小皿料理たち

済州島の郷土料理
「黒ブタ焼き(フッドゥェジ・クイ)」

フッドゥェジ・クイは、
「オギョプサル(五層肉)」や
「サムギョプサル(三層肉)」をメインに、

最近、日本でも人気が高い
「豚トロ」のクイもいいですね。


豚トロは、
主に首の部分の肉なので、

韓国では「モッ(首)サル(肉)」と呼ぶ。

脂肪が多い部位だけれど、
さっぱりした食感が自慢の済州島の黒ブタなら、
また違った味を楽しめ、
追加メニューあたりでいいかもね。


あぁ~・・・
こうしてずっとクイの話をしていたら、
どんどん食べたくなってきた~!!

まだ、まだ、
がまん、がまん !


さて、
フッドゥェジ・クイのおいしさを
楽しめるだけではなく、

ここ済州島では、
サービスの小皿料理たちにも、
魅力がいっぱい!

自家農園で育てた野菜など
素材自体はもちろん、
味噌などの調味料も
自家製の場合が多いので、

鮮度とおいしさ、
そして、
それぞれのお店オリジナルの味
楽しめたりできる。

シーズンによっては
海で獲れた海産物のサービス皿に、
予期せぬ豪華さに出会えることも!

済州島の郷土料理
「黒ブタ焼き(フッドゥェジ・クイ)」


肉、野菜、そして海の恵みと、
栄養は満点!

暑い夏をのりきるスタミナ充填度は、
120%!
といえるかな?

関連記事
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 韓国各地の食の旅! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。