「ソモリクッパ」の日本語をタネあかしすると・・・ - 韓国各地の食の旅!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ソモリクッパ」の日本語をタネあかしすると・・・

慶尚北道氷川(ヨンチョン)市の郷土料理
「ソモリクッパ」

さて、日本語のタネあかしをすると、
「ソ」 =牛
「モリ」=頭
「クッ」=汁
「パ」 =ご飯
 となる。

つまり、「牛頭スープかけご飯」というところでしょうか・・・。

「牛頭」とわざわざうたっているので、
その部位だけのように思ったかもしれないけれど、
他の部位の骨も一緒に入れて煮るので、
安心(?)してね。

牛骨を煮るということで、
基本はソルノンタンなどの料理と一緒なのですが、

具材にスライスした頭肉が入ることで、
このように区別して呼ばれる。

牛の取引によって、
その恩恵で成り立っている土地柄でも
あるからこそ、

その恵みに感謝しつつ、
全ての部位をきれいに食する
文化になったのでしょうね。


朝・昼・夜の関係なく、
全ての人がいつでもおいしく
食べることができる食として生まれた
「ソモリクッパ」

大鍋でひたすら
ぐつぐつと煮て作られる
このスープ料理は、

忙しい行商人たちが
しばしほっこりするひと時に、
きっと大きな役割をしたことでしょう。


そのおいしさの秘密には、

「二日間かけて煮るからこそこの味が出る!」

との話も・・・。

うん!
これだけ聞いても
「そりゃ~、おいしいに決まってる!」って
思っちゃうよね!


氷川(ヨンチョン)市の郷土料理「ソモリクッパ」

ソモリクッパは、牛骨を煮る間、
ひたすら脂肪分を取り除きながら作りだされるため、

その味わいはすっきりとし、
また透明度の高いスープも自慢です。

さあ・・・
次の食事の候補には
「ソモリクッパ」を
エントリーさせましょうか?
関連記事
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 韓国各地の食の旅! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。