氷川(ヨンチョン)市へは、ついでに足をのばしてどうぞ! - 韓国各地の食の旅!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷川(ヨンチョン)市へは、ついでに足をのばしてどうぞ!

慶尚北道氷川(ヨンチョン)市へは、

釜山から、
電車の利用で約2時間、
市外バスの利用で約1時間半の距離。

ソウルからは、
電車やバスを利用して、
所要時間4~5時間程度。

ただ、周辺に多くの大都市があり、
それぞれに距離が近いため、
これらからのアクセスも豊富なので、
ついでに足をのばす候補地にはよいかもね!

先にお話しした「氷川公設市場」
ここは、この地方を代表する
三大市場の一つにあげられる市場で、

特に漢方薬を取り扱う市場として、
古くから薬剤商が往来し、
今もその流れを伝えている。

漢方薬の他には、
先の「コムタン通り」や
八百屋がならぶ「野菜通り」、
「水産通り」や「粉もの通り」など、

通りごとにそれぞれの専門店が集まり、
それぞれの特色にあふれていて、

昔ながらの市場の雰囲気や
気風を感じることができる。


氷川市北端に位置する
普賢(ポヒョン)山頂上にあるのは
「普賢山天文台」

天体観測にすぐれた気象条件の
ここ普賢山に作られた
国立の天体研究施設で、

氷川を訪れたならば、
立ち寄っておきたいですね。

研究施設棟には入ることができないけれど、
敷地内には訪問客センターの建物があり、

またここから眺める氷川の街並みと
頭の上に広がる空のコントラストは、
しばし自然への想いを膨らませる時間を
届けてくれる。


商取引の拠点として
古くから発展してきた土地・氷川。

その交通の便をいかして、
今は企業誘致なども活発におこなわれていて、

郷土料理「ソモリクッパ」は、

今日も氷川の働く人々の
強い味方のようですね!
関連記事
コメント
非公開コメント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 韓国各地の食の旅! All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。